MENU

大会事務局
ゆうこうデンタルクリニック
〒880-0841
宮崎県宮崎市吉村町島田甲739-5
TEL / FAX.0985-31-0715
E-mail:kyushu.jsoi39@gmail.com
運営事務局
(株)日本旅行 宮崎支店内
コンベンション事業部内
〒880-0812
宮崎県宮崎市高千穂通1-6-35
住友生命ビル1F
TEL:0985-24-5255
FAX:0985-24-9162
お問い合わせフォーム

プログラム

特別講演

インプラント治療デジタルワークの活用最前線

座長:大森桂二(福岡口腔インプラント研究会)
講師:田中譲治先生(一般社団法人日本インプラント臨床研究会)

シンポジウム1

長期症例から診えてきたこと、解ってきたこと
-九州の臨床系グループリーダーたちに聞く-

座長:西村正宏(鹿児島大学)、添島義樹(九州インプラント研究会)

  1. 咬合再構成を極める-歯列不正、歯周疾患、多数歯欠損を読み解く-
    上田秀朗(九州支部)
  2. 創立者-故添島義和先生-の<志>を継いで35年。JSOI認定講習会活動、会員による臨学一体の臨床研究
    伊東隆利(九州インプラント研究会)
  3. 長期経過観察から見つめ直すインプラント治療戦略
    水上哲也(九州支部)
  4. インプラントの長期経過症例から処置の妥当性を考える
    添島正和(九州支部)

シンポジウム2

デジタル技術が変えるインプラント治療の現在と展望

座長:城戸寛史(福岡歯科大学)

  1. マルチ診断におけるデジタル技術の進化
    -最終上部構造を考慮した埋入ポジションの決定と正確なガイド手術
    加来敏男(九州インプラント研究会、九州支部)
  2. 口腔内スキャナーによるインプラント補綴
    -エビデンスに基づく臨床応用-
    笹田雄也(九州支部)
  3. デジタルデンチャーの開発からIODへの臨床応用
    加倉加恵(福岡歯科大学)

専門医教育講座

座長:城戸寛史(福岡歯科大学)

「保険適応のインプラント治療」
講師:伊東隆利(九州インプラント研究会)

シンポジウム3

歯科衛生士セッション

インプラント補綴装着後からの戦い
―インプラント周囲炎ゼロを目指して―

座長:松井孝道(九州インプラント研究会)、横山佳子(九州支部)

  1. 周術期患者におけるインプラント管理を経験して
    有水智香(九州大学病院医療技術部歯科衛生室)
  2. より早く対応するための心がけ~インプラント周囲炎の予防~
    下田裕子(九州支部)
  3. インプラント周囲炎予防に特化したPMTCの再考
    関 真理子(福岡歯科大学医科歯科総合病院口腔インプラント科)
  4. 無歯顎インプラント患者のメインテナンスを再考する
    黒木愛由(九州歯科大学附属病院口腔インプラント科)

専門歯科衛生士教育講座

座長:立花しのぶ(九州支部)

「歯科衛生士のためのインプラント周囲疾患のメカニズムと対処法」
講師:松井孝道(九州支部)

シンポジウム4

歯科技工士セッション
歯科技工のデジタル化導入から拡大へ

座長:佐藤博信(福岡歯科大学)、中間竜一郎(九州支部)

  1. インプラントのデジタル化における歯科技工士の役割
    野林勝司(九州支部)
  2. CADデザインと材料、ならびにシンタリング
    森 亮太(九州支部)
  3. デジタル技工の注意点と最新情報
    一志恒太(福岡歯科大学医科歯科総合病院中央歯科技工室)

専門歯科技工士教育講座

座長:野林勝司(九州支部)

「解剖学形態を配慮したインプラントからモノリシックジルコニアクラウン修復の流れを考察する」
講師:中村 心(近畿・北陸支部)

eポスター

EP-01マイクロ・ナノパターン構造を有する生分解性ポリマーメンブレンのぬれ性と細胞接着の基礎的検討

〇加我 公行1),山口 雄一郎1),柴口 塊1),松浦 尚志1)
福岡歯科大学咬合修復学講座冠橋義歯分野1)

Contact angle and cell adhesion of micro/nano-patterned biodegradable membranes for dental regenerative therapy in vitro
〇KAGA N1), YAMAGUCHI Y1), SHIBAGUCHI K1), MATSUURA T1)
Section of Fixed Prosthodontics, Department of Oral Rehabilitation, Fukuoka Dental College1)

EP-02P(LA / CL)二層性メンブレンのGBR適応における有用性

〇熱田 生1),成松 生枝2),張 暁旭1),髙橋 良輔1,2),江頭 優希1,2),古谷 野潔1),鮎川 保則2)
九州大学大学院歯学研究院歯科先端医療評価・開発学講座1)
九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント・義歯補綴学分野2)

Effect of Poly (lactic acid/caprlactone) bilayer membrane for the wound healing of tooth extraction socket in rat model
〇ATSUTA I1),NARIMATU I1,2),ZHANG X1,2),TAKAHASHI R1,2),EGASHIRA Y1,2),KOYANO K1),AYUKAWA Y2)
Division of Advanced Dental Devices and Therapeutics, Faculty of Dental Science, Kyushu University1)
Section of Implant and Rehabilitative Dentistry, Division of Oral Rehabilitation, Faculty of Dental Science, Kyushu University2)

EP-03歯槽骨欠損モデルにおける各種骨補填材の有効性の検討

〇末廣 史雄1),駒走 尚大1),益﨑 与泰1),西村 正宏1)
鹿児島大学病院口腔インプラント専門外来1)

Examination of efficacy of bone grafting materials in the alveolar bone defect model
〇SUEHIRO F1), KOMABASHIRI N1), MASUZAKI T1), NISHIMURA M1)
Kagoshima University Hospital Special Clinic for Oral Implantology11)

EP-04血管新生阻害薬とビスフォスフォネート製剤が抜歯窩治癒に与える影響の検索

〇金子 遥1),黒嶋 伸一郎1),小堤 涼平1),澤瀬 隆1)
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科口腔インプラント学分野1)

Effects of angiogenesis inhibitors and/or bisphosphonates on tooth extraction socket healing in mice

〇KANEKO H1), KUROSHIMA S1), KOZUTSUMI R1), SAWASE T1)
Department of Applied prosthodontics, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University1)

EP-05慢性腎臓病が上顎骨および下顎骨に及ぼす影響

〇山下 総太郎1),近藤 祐介1),岩本 大征1),山田 真紀雄1),川島 芙蓉子1),向坊 太郎1),正木 千尋1),細川 隆司1)
九州歯科大学口腔再建リハビリテーション学分野1)

The effect of chronic kidney disease on maxillary and mandibular bone
〇 YAMASHITA S1), KONDO Y1), IWAMOTO D1), YAMADA M1), KAWASHIMA F1), MUKAIBOU T1), MASAKI C1), HOSOKAWA R1)
Division of Oral Reconstruction and Rehabilitation, Kyushu Dental University1)

EP-06生体活性ガラスへの亜鉛添加が歯肉線維芽細胞および抗菌性に与える影響骨に及ぼす影響

〇尾立 哲郎1,2),篠原 綾乃2),高瀬 一馬3),澤瀬 隆1, 2)
長崎大学病院口腔・顎・顔面インプラントセンター1),長崎大学大学院医歯薬学総合研究科口腔インプラント学分野2),長崎大学大学院医歯薬学総合研究科義歯補綴学分野3)

The effects of zinc supplementation to bioactive glass on human gingival fibroblast and antibacterial activity
〇ODATSU T1,2), SHINOHARA A2), TAKASE K3), SAWASE T1, 2)
Nagasaki University Hospital Oral Implant Center1)
Department of Applied Prosthodontics, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University2)
Department of Prosthetic Dentistry, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University3)

EP-07スキャンボディ複数回使用における印象精度に対する影響について

〇加藤 孝実,安波 礼之,三田 公麿,鄭 継祥,鮎川 保則
九州大学 インプラント・義歯補綴学分野

Effect of the precision in the multiple use of the scan body
〇KATO T , YASUNAMI N, SANDA K, TEI K , AYUKAWA Y.
Section of Implant and Rehabilitative Dentistry, Kyushu University

EP-08アバットメントスクリューの締結トルクが3D模型のインプラントレプリカの回転におよぼす影響

〇町田 在聡1),一志 恒太1),谷口 祐介2),城戸 寛史1,2)
福岡歯科大学医科歯科総合病院中央技工室1),福岡歯科大学咬合修復学講座口腔インプラント学分野2)

Effect of abutment screw fastening torque on the rotation of the implant replica of the 3D model
〇 MACHIDA A1), ISSHI K1), TANIGUCHI Y2), KIDO H1,2)
Central Dental Laboratory, Fukuoka Dental College Medical & Dental Hospital, Section of Oral impantology1), Department of Oral Rehabilitation, Fukuoka Dental College2)

EP-09当院口腔インプラント専門外来における過去8年間のインプラント治療の臨床的検討

〇櫻井 智章1),小野 草太1),宮田 春香1),駒走 尚大1),松本 哲彦1),益﨑 与泰1),末廣 史雄1),西村 正宏1)
鹿児島大学病院口腔インプラント専門外来1)

The clinical statics of implant treatment in university hospital special clinic for oral implantology for eight years
〇SAKURAI T1), ONO S1), MIYATA H1), KOMABASHIRI N1), MATSUMOTO A1), MASUZAKI T1), SUEHIRO F1), NISHIMURA M1)
Kagoshima university hospital special clinic for oral implantology1)

EP-10口腔インプラント治療後の新しい健康管理方法の検討

〇伊藤 竜太郎1),谷口 祐介1),加倉 加恵1),谷口 奈央2,3),城戸 寛史1)
福岡歯科大学 咬合修復学講座 口腔インプラント学分野1),福岡歯科大学 口腔保健学講座 口腔健康科学分野2),福岡歯科大学 口腔医学研究センター3)

Examination of new health management methods after oral implant treatment
〇ITO R1), TANIGUCHI Y1), KAKURA K1), TANIGUCHI N2,3), KIDO H1)
Section of Oral implantology, Department of Oral Rehabilitation, Fukuoka Dental College1)
Department of Preventive and Public Health Dentistry, Fukuoka Dental College 2)
Oral Medicine Research Center, Fukuoka Dental College3)

EP-11上顎無歯顎に対する即時荷重インプラント治療の15年間後ろ向き臨床研究 – マルチレベル解析 –

〇近藤 祐介1),正木 千尋1),矢野 良佳1),畑 賢太郎1),川島 芙蓉子1),野代 知孝1),宗政 翔1),細川 隆司1)
九州歯科大学 口腔再建リハビリテーション学分野1)

A 15-year retrospective study of immediate loading implants in the fully edentulous maxillae – multi-level analysis –
〇KONDO Y1), MASAKI C1), YANO H1), HATA K1), KAWASHIMA F1), NODAI T1), MUNEMASA T1), HOSOKAWA R1)
Division of Oral Reconstruction and Rehabilitation, Kyushu Dental University1)

EP-12上顎歯根嚢胞摘出後にインプラント治療を行った1症例

〇井上 友太,井上 正子,田中 栄輔,西田 くらら,大森 桂二
福岡口腔インプラント研究会

A case of Implant treatment after resection operated of maxillary radicular cyst
〇INOUE Y, INOUE M, TANAKA E, NISHIDA K, OOMORI K
Fukuoka Oral Implant Research Association

EP-13上顎洞内に粘液貯留嚢胞が存在する患者にサイナスリフトを併用しインプラント治療を行った1症例

〇北野 祥真1),吉沼 隆人2),阿部 博愛1),塩崎 秀弥1),鈴木 祐輔1)
日本インプラント臨床研究会1),日本先端技術研究所2)

A case report of dental implant treatment and sinus floor elevation to a patient with a mucous retention cyst in the maxillary sinus.
〇KITANO S1), YOSHINUMA T2), ABE H1), SHIOZAKI H1), SUZUKI Y1)
CLINICAL IMPLANT SOCIETY OF JAPAN1), JAPAN INSTITUTE FOR ADVANCED DENTISTRY2)

EP-14歯の移植後に限局矯正治療を併用し歯科インプラントと共に欠損修復を行いその歯髄が再生した1症例

〇竹中 崇1),川上 伸大1),八田 知之1),林 秀樹1),白石 亮平1),馬場 正英1),大森 桂二1),松浦 正朗1) 
福岡インプラント研究会1)

A case in which the pulp was regenerated after restoring a defect together with a dental implant and localized orthodontic treatment of transplanted tooth
〇Takenaka T1), Kawakami N1), Hatta T1), Hayashi H1), Shiraishi R1), Baba M1), Omori K1), Matsuura M1)
Fukuoka Oral Implant Research Association1)

EP-15熱火傷が原因でインプラント体の早期撤去を行った1症例

〇山本 清作,西原 宗信,勝山 英明
みなとみらい(MM)インプラントアカデミー

A case report of early implant removal due to failure bone overheating
〇YAMAMOTO S, NISHIHARA H, KATHUYAMA H
Minatomirai (MM) Implant Academy

EP-16Smile Design を併用し患者と決めた補綴位置に基づいて上顎中切歯にインプラント治療を行なった1症例

〇寺崎 恵多朗1,2)
九州インプラント研究会1),九州支部2)

A case report of dental implant treatment in the maxillary central incisor using Smile Design.
〇KEITARO T1,2)
Kyushu Implant Research Group1), Kyushu Branch2)

EP-17矯正治療を併用し全顎的に咬合回復を行ったインプラント治療の1症例

〇谷山 隆一郎1) 
九州支部1)

A case of implant treatment in which occlusal recovery was performed on the entire jaw with orthodontic treatment
〇TANIYAMA R1)
Kyusyu-Branch1)

EP-18過大な咬合負荷により破折したと考えられる上顎前歯部に補綴形態を考慮してインプラント治療を行った1症例

〇吉永 義優
九州支部

A case of implant treatment of an upper incisor fractured by overload considering prosthodontic form
〇 YOSHINAGA Y
Kyushu Branch

EP-19患者の高齢化に配慮した残存歯とインプラント利用による無口蓋オーバーデンチャーの1例

〇永井 省二1,2) 
九州インプラント研究会1),九州支部2)

A case report of an aging patient with the roofless over denture supported by both teeth and implants.
〇NAGAI S1,2)
Kyushu Implant Research Group1), Kyushu Branch2)

EP-20インプラント埋入手術時に下顎骨体内への迷入が予想される症例に対するアプローチ

〇眞鍋 佳菜子1),杉 友貴1),橋口 有真2),中島 康経1),張 暁旭3),安波 礼之3),木原 優文3),鮎川 保則3)

1)九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座 口腔顎顔面外科学分野
2)九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野
3)九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座 インプラント・義歯補綴学分野

To previously avoid the accidental displacement of dental implant into the mandible during implant surgery.
〇 MANABE K1), SUGI T1), HASHIGUTI Y2), NAKASHIMA Y1), ZHANG X3, YASUNAMI N3), KIHARA M3), AYUKAWA Y3)
Section of Oral and Maxillofacial Surgery, Division of Maxillofacial Diagnostic and Surgical Sciences, Faculty of Dental Science, Kyushu University1)
Section of Oral and Maxillofacial Oncology, Division of Maxillofacial Diagnostic and Surgical Sciences, Faculty of Dental Science, Kyushu University2)
Section of Implant and Rehabilitative Dentistry Division of Oral Rehabilitation Faculty of Dental Science Kyushu University3)

EP-21掌蹠膿疱症の既往のある患者に対してインプラント治療を行った1例

〇鄭 尚賢1),塩崎 秀弥2),市原 雅也3),鈴木 祐輔2),鈴木 仙一 2)
関東・甲信越支部1),日本インプラント臨床研究会2),九州インプラント研究会3)

A case of implant treatment for patients with the history of palmoplantar pustulosis.
〇TEI S1), SHIOZAKI H2), ICHIHARA M3), SUZUKI Y2), SUZUKI S2)
Kanto-Koshinetsu Branch1), Clinical Implant Society of Japan1), Kyusyu Implant Research Group3)

EP-22エアーアブレーションによって皮下気腫を生じた一症例を行った1例

〇塩崎 秀弥1),梅田 晃次1),征矢 学2),田村 洋平2),鈴木 祐輔1),別所 央城2),雨宮 啓2),鈴木 仙一1)
日本インプラント臨床研究会1),関東・甲信越支部2)

A case of subcutaneous emphysema caused by air ablation.
〇SHIOZAKI H1), UMEDA K1), SOYA M2), TAMURA Y2), SUZUKI Y1), BESSYO H2), AMEMIYA K2), SUZUKI S1),
Clinical Implant Society of Japan1), Kanto-Koshinetsu Branch2)

EP-23インプラント周囲に生じた骨欠損への外科処置について

〇竹下 文隆1,2) 
九州インプラント研究会1),九州支部2)

A surgical treatment to bone defects around an implant
〇TAKESHITA F1,2)
Kyushu Implant Research Group1), Kyushu Branch2)

EP-24マイクロスコープを用いた上顎洞底挙上術の工夫

〇荒木 淳1)
九州インプラント研究会1)

Clinical application of maxillary sinus floor elevation using a microscope
〇ARAKI J11)
Kyushu Implant Institute1)

EP-25上顎洞底挙上術と歯槽堤形成を併用しインプラント治療を行った1症例

〇柴田 拓也,神農 悦輝,大森 桂二,松浦 正朗
福岡口腔インプラント研究会

〇SHIBATA T, SHINNOU E, OOMORI K, MTSTUURA M
Fukuoka Oral Implant Research Association

EP-26前歯部審美領域のインプラント治療におけるアバットメント選択の一工夫

〇八田 知之1),吉永 修1),竹中 崇1),馬場 正英1),大森 桂二1),松浦 正朗1)
福岡口腔インプラント研究会1)

Clinical application of dental implant treatment for anterior esthetic zone by abutment select
〇HATTA T1), YOSHINAGA O1), YAKENAKA T1), BABA M1), OOMORU K1), MASHUURA M1)
Fukuoka Oral Implant Research Association1)

EP-27上顎小臼歯の審美的ハイリスク部位へ部分抜歯治療を応用してインプラント体埋入を行った1症例

〇熱田 亙1) 2),熱田 有加2),星野 和正1) 2),岩野 義弘1) 2),岩本 麻也1) 2),村上 高宏1) 2),笹谷 和伸1) 2),田中 譲治1) 2)
一般社団法人日本インプラント臨床研究会1),関東・甲信越支部2)

A case of an implant treatment of a severe esthetic case using the Socket-Shield Technique at maxillary pre-molar site.
〇ATSUTA W1) 2), ATSUTA Y2), HOSHINO K1) 2), IWANO Y1) 2), IWAMOTO M1) 2), MURAKAMI T1) 2), SASAYA K1) 2), TANAKA J1) 2)
CISJ1) Kanto-Koshinetsu Branch2)

大会事務局
ゆうこうデンタルクリニック
〒880-0841
宮崎県宮崎市吉村町島田甲739-5
TEL&FAX.0985-31-0715
Mail:kyushu.jsoi39@gmail.com
運営事務局
(株)日本旅行 宮崎支店内
コンベンション事業部内
〒880-0812
宮崎県宮崎市高千穂通1-6-35
住友生命ビル1F
TEL:0985-24-5255
FAX:0985-24-9162
お問い合わせフォーム
menu