MENU

大会事務局
ゆうこうデンタルクリニック
〒880-0841
宮崎県宮崎市吉村町島田甲739-5
TEL.0985-31-0715
運営事務局
(株)日本旅行 宮崎支店内
コンベンション事業部内
〒880-0812
宮崎県宮崎市高千穂通1-6-35
住友生命ビル1F
TEL:0985-24-5255
FAX:0985-24-9162
お問い合わせフォーム

大会長挨拶

日本口腔インプラント学会

第39回九州支部学術大会

大会長 大森 桂二(福岡口腔インプラント研究会施設長)

会員の皆様方に於かれましてはますますのご健勝のこととお慶びを申し上げます。2019年1月以降はコロナ感染拡大の影響で世界中の経済的活動を中心に文化的、学術的な活動までいろんな方面での活動制限があり2019年9月の第50回日本口腔インプラント学会総会もWEB形式での開催となってしまいました。鹿児島市で2019年12月に開催予定であった西村正宏教授大会長での第38回九州支部学術大会も総会との合同WEB開催となりました。WEB開催は自宅で気軽にまた何度でも同じセミナーを拝聴することができるなどの利点がありますが、やはり年に2回くらいは皆様方のお顔を拝見しまして、一緒に談笑したりお食事をしたり直にコミニケーションを取りながら過ごす時間が本当に大事であるということを実感した期間でもありました。

さて次回の第39回九州支部学術大会は、神話の里、ひなたの国、宮崎県宮崎市で2022年1月22日、23日に開催予定です。学会メインテーマは、「超高齢化・デジタル社会におけるインプラント治療のシナリオ」―人生100年時代に向けた人にやさしいインプラントを目指して― です。超高齢化に伴い人生100年時代を迎えた日本では高齢者の社会的貢献が益々求められ国家や組織そして個人のライフコースの根本的な見直しが求められる時代となってきました。人の健康維持に果たす口腔機能の役割は重要ですが特に歯の欠損が進んでいる高齢者へのインプラント治療はこれからますます必要となってくる可能性が高いと思われます。そんな中で様々なリスクを抱えた高齢者に対し今まで以上により優しく低侵襲な治療が求められます。現在インプラント治療の分野で構築されつつあるデジタルワークフローはまさに高齢化社会におけるより低侵襲なインプラント治療を実現できるアイテムだと考えられます。そこで今回は、様々な観点からデジタルワークフローに取り組まれている講師の先生方にこれから進むべきインプラント治療のシナリオを語っていただきたいと思いその関連のお話を多く取り入れました。そしてインプラント関連手術や手技、補綴的処置の臨床的な勘所などのお話も九州のインプラント治療をけん引されてこられましたベテラン先生方にご協力をお願いして取り入れることとしました。久しぶりに皆様方のお顔を拝見しましてご健康を分かち合いつつインプラント談議に励んでいただければと考えております。また学術的な内容以外にレクレーションの企画も取り揃えております。多くの皆様方の発表およびご参加を是非ともよろしくお願いいたします。

また開催当日は感染拡大の終息がなされていない場合は徹底した感染予防対策を取りながらの開催運営となるため御参加の皆様方には多くのご迷惑やご面倒をおかけするかと思いますが大会運営にご理解、御協力のほどを何卒よろしくお願い申し上げます。また学会本部よりの決定によってはWEB開催の可能性もありますのでもしも変更のある場合はいち早くホームページ上にてお知らせいたしますのでご了承のほどをよろしくお願いいたします。 末筆ではございますが皆様方のご健康とご多幸を祈念いたしましてご挨拶とさせていただきます。

大会事務局
〒884-0002
宮崎県児湯郡高鍋町北高鍋1347-1
TEL.0983-23-4178
運営事務局
(一財)口腔保健協会
コンベンション事業部内
〒170-0003
東京都豊島区駒込1-43-9-402
TEL.03-3947-8761
FAX.03-3947-8873
お問い合わせフォーム
menu